肉牛とコミックゲームの素敵な出会いオンライン

『絶対少女聖域アムネシアン』の新刊。

絶対少女聖域アムネシアン (3) (角川コミックス・エース 35-16)

介錯 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


『神無月の巫女』以降、介錯先生の作品にハマった私には大変素晴らしい一冊でありました012.gif
神無月のタケミカヅチの必殺技(日輪光烈大撃破)をパロったような技が出てきたり、『ハザマノウタ』で出てきたアイテムが出てきたりと随所にファンサービスが散りばめられていて終始ニヤニヤものです026.gif
しかし今巻はそれだけではなく、ストーリーが大きく動いたことによって『神無月の巫女』とかなり深く関係していたことが判明したのです。具体的には神無月で登場した「月の社」の秘密などが明らかになりました。今から大変続きが気になります・・・・

・・・・と思っていましたが、関係性は特に明言はされていませんでしたね。『京四郎と永遠の空』の姫千歌のように、そっくりさんくらいの認識でいた方が近いのかもです。
by usibeef | 2011-01-26 02:53 | 漫画感想(読切多め)
<< (PS2)まだまだプロアクショ... たわむれ >>