肉牛とコミックゲームの素敵な出会いオンライン

2014年初夢日記

年の暮れの大晦日午後23時、一般人に知られていない日本国のVIP専用の、地下に広がり法に縛られない何でも有りな秘密の超大型娯楽施設に招待され見たこともない広さのアリーナの席でセレモニーの開会を待っていたら
「チケット反応を感知出来ないのですが」と言われて所持品のどこを探しても無いので泣く泣く家に帰る
[PR]
by usibeef | 2014-01-02 05:29 | 夢日記 | Comments(0)
<< さようなら我が青春トリックスター projectDIVA.Ext... >>