肉牛とコミックゲームの素敵な出会いオンライン

ジャンプSQ新連載『あだしもの』は『百鬼夜行抄』のパクり

今月出たジャンプSQ4月号より始まった新連載『あだしもの』(作・山本久美子)ですが
、読んでるとどうしようもなく露骨に『百鬼夜行抄』(作・今市子)と内容がダブります。
d0055302_15214715.png

この作品、ざっくり言って「妖怪に取り憑かれた主人公が、妖怪によって起こされる怪異現象を解決する部に引き込まれる」というストーリーなのですが、設定がいちいち百鬼夜行抄です。

1.主人公・「灰塚」の造形
これは百鬼夜行抄の「飯嶋律」をモデルにしていますね。
飯島律
→「祖父から譲り受けた使い魔・青嵐(実体を持たず常人には見えない)を連れており妖怪と戦わせることが出来る。霊感があり妖怪の類いの気配を感じ取ることができるが、自分から妖怪沙汰には首を突っ込みたがらず、普通の生活をしたいと思っている
灰塚
→「理由は忘れてしまっているが、幼い頃に取り憑かれた妖怪・クロトゲ(実体を持たず常人には見えない)を連れ歩いており妖怪と戦わせることが出来る。霊感があり妖怪の類いの気配を感じ取ることができるが、自分から妖怪沙汰には首を突っ込みたがらず、普通の生活をしたいと思っている
参考画像↓(妖怪を連れ歩く主人公・灰塚)
d0055302_1735472.jpg

(妖怪沙汰に関わるのが嫌な主人公・灰塚)
d0055302_17354992.jpg



2.主人公の祖父の造形
これは更に明らかに百鬼夜行抄の主人公の祖父「飯島蝸牛」をモデルにしていますね。
飯島蝸牛
→「霊感があり、妖怪のことを書く小説家として知られていた人物で故人。周囲からは妖怪が見えることで変人扱いされていた。主人公に妖怪の危険性を説き、自分が居なくなってから主人公に妖怪の危害が及ぶことを気にしていた
あだしものの祖父
→「霊感があり、主人公にとって唯一、妖怪のことが相談できる相手で故人。周囲からは妖怪が見えることで変人扱いされていた。主人公に妖怪の危険性を説き、自分が居なくなってから主人公に妖怪の危害が及ぶことを気にしていた
参考画像↓(百鬼夜行抄の蝸牛が周囲からどう思われているか・律に妖怪のことを説くシーン3枚)
d0055302_17431975.jpg

d0055302_17432392.jpg

d0055302_17432493.jpg

(あだしものの祖父が主人公に妖怪のことを説くシーン)
d0055302_17455165.jpg

d0055302_17455362.jpg


どう見てもシーン被り過ぎっっっ
それはこれらの画像で見て頂ければ分かるはず。
ジャンプSQ編集部には『百鬼夜行抄』を読んだ人が一人も居なかったのだろうか?
居なかったとしても今回の記事が『あだしもの』という作品の評価について一石を投じることになることを祈ります。
[PR]
by usibeef | 2012-03-06 17:54 | 漫画感想(読切多め) | Comments(6)
Commented by ふ~ at 2012-03-07 22:25 x
どーしてこーいうことしか言えんのかねぇ
Commented by usibeef at 2012-03-08 00:47
『あだしもの』を読んだ後に百鬼夜行抄の一巻だけでも読んで頂ければ良いのです。私の言うことよりその目で確かめて貰えば良いことですからね
Commented by マユミ at 2012-05-28 01:36 x
はじめまして
「あだしもの」というタイトルに興味を持ってどんな漫画なのか検索して
こちらにたどり着きました。

掲載されている画像を見比べただけですが、正直に申し上げると
百鬼夜行抄をパクっている、とは私には思えませんでした・・m(__)m

ただ、設定とかキャラクターとかは確かに似ていますね。
そして完成度は百鬼夜行抄にはとてもじゃないけど及ばない…。
(百鬼夜行抄は全巻所持しています)
買って読むほどでもなさそうというか。
無駄金使わずに済みました(^^;
ありがとうございましたm(__)m
Commented by usibeef at 2012-05-29 01:31
いらっしゃいませ。百鬼の読者さんからの意見、大変ありがたく思います。
まぁ導入部分はモロかぶりと主張しましたが、作品としては二話以降は違う方向に向かってます。
なので今は、スタートダッシュから何かを真似るなどというつまらぬ事をしなければ良かったのに……という感想を抱いております。
Commented by 幻影 at 2012-06-04 20:40 x
これだけでパクりなら、ジャンルの同じ作品は皆パクりになってしまいますよ。妖怪と戦わせる、普通の生活を望む、妖怪が見えることで変人扱い、祖父が妖怪に詳しく孫を気にかける…いずれもよくあるパターンですし、独創的な組み合わせとも言いがたいと思います。
また、ETは竹取物語のパクりというジョークもあります。「譲り受けた使い魔」と「取り憑かれた妖怪」のような差異や「強引な入部の勧誘を受ける」などの話の流れを置いといて、共通点を抜き出していく手法は適切なものではありません。
Commented by usibeef at 2012-06-05 00:47
「これらはよくあるパターンの集合体であり二作はパクり・パクられの関係性は無い」
という話でしたら聞き耳を持ちます(影響を受けている、もしくは、かもしれない、くらいまで意見を引く余地は有ります)
しかしこと「祖父」に関しては一歩も引きません(ここだけはシーン描写まで引っ張ってきていると思っていますので)
<< 今週の「君のいる町」の扉絵の知... PSVITAソフト「ラグナロク... >>